Access DBのテーブル内容を取得してDataTable()に格納する

Accessデータベースの一つのテーブルの内容を取得して、DataTableとして格納する事により、プログラム内で使いやすくなる。 下記の例では、一つのテーブルから全データを取得し、そのままDataTableに格納している。そのためのメソッドとしては、DataAdapterを使い、そのアダプターにFillする事で実現できる。その結果をForm2のDataGridViewのデータソースとして設定することにより、内容を一覧表示できる。(table_nameに、取得したいテーブル名称を代入してこのプロシジャーを呼ぶ) 一旦、DataTableに格納してしまえば、Rowsメソッドを使って各レコードへア…

続きを読む →

Visual Basicの覚書き

Visual Basicを使って、いくつかのツールを作って活用しているが、その都度、色々な作法を調べてもすぐ忘れてしまうので、メモとして思いつくままに残しておくことにする。 【Access データベースへのアクセス】 Visual BasicからAccessのデータベースを使うためのお約束。 moduleとして、別ファイルにしておいた方が、何かと便利。Accessの場合はプロバイダとして、”Microsoft.ACE.OLEDB.12.0″ と宣言することになる。 Module Module1 ‘設定 Private DB_provider As String = “M…

続きを読む →