MQTTを試してみよう・・挫折・・・。

追記:Threadingのやり方で、当面のマルチタスクは実現できたので、MQTTをあえて試してみる必然性は当面消えた。下記はあくまでも、トライしてみた記録。特に有意義な情報なし。 自分が悩んでいることが、このように、他の人も困っていて、解決策が Python/Blynkでは難しそう(threadをうまく使いこなせばできるはずではあるが・・)なので、MQTTとやらに初挑戦して見ることにした。 MQTTの準備 今回、大変参考にさせていただいたのは、このサイトで、ここには、MQTTとは何?からリンクが貼ってあるので勉強になる。 自宅のRaspberry Pi やスマホ(Publisher) からメッ…

続きを読む →

Raspberry上でPythonでBlynkと同時に他の処理をさせてみた(threadingを使って実現)

背景 Raspberry上でIOTのツールを作成しているが、Blynkと同時に他の処理(ディスプレイの表示とか、時計を使った処理とか、タイマーを使った処理とか)を行おうとすると、なかなかうまくいかない。 ArduinoでCを使って Blynkを使う時には、 void loop() { Blynk.run(); timer.run(); yield(); } のような記述で、Blynk.run()を走らせながら、他の処理もLoopとして回すことが簡単にできるのに対し、PythonでBlynkを使う時に、Blynk.run()を実行すると、この関数からは永遠に戻ってこないため、ループが作れない。 …

続きを読む →

Raspberry上のPythonで日の出、日の入りを計算する

Pythonには、’ephem’ という日の出や日の入りの時刻を計算する便利なライブラリが存在する。 ephemのインストール raspberry pi zeroにログインして、ライブラリを探す。 $apt-cache search ephem この中から、Python3のライブラリを探すと、python3-ephemというのがある。(python3-ephem – Compute positions of the planets and stars with Python 3) これをインストールする。 $sudo apt-get install python3-ephem pi…

続きを読む →