Raspberry Pi (Raspbian stretch lite) でLircを使った赤外線リモコン信号を、Python3のスクリプトから送信制御する

事前準備

Raspberry PiにLircをインストールして、シェルからの赤外線送信、受信が正常にできるように設定する。(この記事に詳細を記載

Pythonから使えるように準備する

PythonからLIRCを使えるようにするために、python3-lircモジュールをインストールする(python3を使う場合)。

  • $ sudo apt-get install python3-lirc
  • $ pip3 list

python-lirc (1.2.1)がインストールされていることを確認。

参考にさせていただいたサイト

lircrc設定ファイル

ホームディレクトリに ~/.lircrc を作成する。本家の例題によると、

begin
button = 1 # what button is pressed on the remote
prog = myprogram # program to handle this command
config = one, horse # configs are given to program as list
end

begin
button = 2
prog = myprogram
config = two
end

結構面倒くさい処理が必要っぽい・・・

pkill –KILL ….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください